知っておきたい法律

HOME » 知っておきたい法律

知っておきたい法律

クレジットカード現金化で知っておきたい法律に関係する注意点

クレジットカードの現金化は明確な文章ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約で禁止されている行為です。
このように禁止行為に該当するのにクレジットカードで現金化することは、仮にカード会社に被害がなくても詐欺罪に該当する可能性があります。
≫ 『クレジットカード現金化で知っておきたい法律に関係する注意点』

クレジットカードの現金化は横領罪として判断されるのか?

クレジットカードで商品を購入した場合は、通常購入された商品の所有権は加盟店からクレジットカードの発行会社に移転します。
そして、購入者がクレジットカード会社への支払いを完済することで、商品の所有権は購入者に移転するのです。
その為、クレジットカード会社への支払いが完済していない間は、カードで購入した商品の所有権はカード会社に留保されているので、その商品は購入者の物ではなくてカード会社(他人の物)といえます。
≫ 『クレジットカードの現金化は横領罪として判断されるのか?』

クレジットカード現金化は詐欺罪に問われる可能性があるのか?

買取屋方式であってもキャッシュバック方式であっても、クレジットカードの現金化を利用した場合には、その利用者が詐欺罪に問われる可能性があります。
また、クレジットカードの現金化業者も詐欺罪の共同正犯・教唆・幇助のいずれかに該当する可能性もあるのです。
≫ 『クレジットカード現金化は詐欺罪に問われる可能性があるのか?』

クレジットカード 現金化は出資法違反になるのか?

出資の受入れ・預り金及び金利等の取締りに関する法律が、俗に出資法と言われている法律です。
その名称からも分かりますが、お金の出資・融資やその金利などを全般的に規制している法律で、お金のやりとり全般に関わる適用範囲が非常に広い法律と言われています。
また出資法は金銭が関わる経済犯罪の取締りに活用される法律で、よくありがちなものとしては投資詐欺の取締りがあります。
≫ 『クレジットカード 現金化は出資法違反になるのか?』

クレジットカード現金化は賃金業法に違反しているのか?

貸金業とは何なのかというと、金銭の貸付け又は金銭の貸借の媒介を行う仕事で、貸金業法とはその貸金業者を規制して利用者を保護するための法律です。
もしクレジットカードの現金化をクレジットカード会社を間に挟んで、現金化業者から利用者に対してお金を貸付ける実質的な貸金業と考えると、現金化業者は貸金業者に該当します。
現金化業者が貸金業者と判断すると、貸金業法の規制を受けることになって、貸金業者としての登録をはじめ様々な貸金業法の規定を厳守しなくてはならないのです。
これらの規定を守らなかった場合には、当然のこと刑事罰や行政処分を含めた罰則を受けることになります。
≫ 『クレジットカード現金化は賃金業法に違反しているのか?』

クレジットカードの現金化は違法なのか逮捕されるのか?

クレジットカードの現金化は、現段階では法律の整備がされていないことから違法ではありませんが、グレーゾーンにあると考えることもできます。
それは、一般的なクレジットカード現金化は、利用者から買取した商品の代金として現金を支払うとか、商品購入により現金を還元するキャッシュバックといった方法が行われています。
つまり、物とお金・サービスとお金による売買という商取引が成立していると言えるけど、実質的には貸金業者と言われても仕方のない部分もあるのです。
≫ 『クレジットカードの現金化は違法なのか逮捕されるのか?』

クレジットカード現金化はグレーゾーンな取引?

クレジットカード現金化の利用を検討する際に、違法なことなのか合法なのかを気にする方も少なくありません。
結論から言うと、クレジットカード現金化は法律に違反している行為ではありませんが、グレーゾーンな取引であると言えるのです。
それは、現在まで利用者側が検挙された事例は一切ありませんが、クレジットカード現金化業者が逮捕されたことが過去にあるからで、一歩間違えると違法になる可能性もあると考えられます。
≫ 『クレジットカード現金化はグレーゾーンな取引?』

クレジットカード現金化は摘発される取引行為なのか?

クレジットカード現金化は法律に触れる取引行為なのかと心配される方も少なくありませんが、クレジットカード現金化自体は現段階で違法な行為ではありません。
このように違法性のない取引であるのに、過去には摘発された業者が存在していることも事実で、そうした報道があったことから不安を感じる方もいるのです。
しかし、実際に摘発された理由はクレジットカード現金化という行為ではありませんし、摘発されたのは利用者ではなくて業者なので、クレジットカード現金化で逮捕される心配は全くありません。
≫ 『クレジットカード現金化は摘発される取引行為なのか?』

クレジットカード現金化に違法性はあるのか?

クレジットカード現金化を利用する際に気になる点のひとつとして、クレジットカード現金化という行為に違法性があるのか、ないのかという点です。
現段階での回答としては、クレジットカード現金化に違法性はないのですが、それはまだ法整備が整っていないからでグレーゾーンであることは否定できません。
実は、貸金業法・出資法違反といった違法行為をしたとして、業者が逮捕された事例もあるのです。
≫ 『クレジットカード現金化に違法性はあるのか?』