クレジットカードの現金化は違法なのか逮捕されるのか?

HOME » 知っておきたい法律 » クレジットカードの現金化は違法なのか逮捕されるのか?

クレジットカードの現金化は違法なのか逮捕されるのか?

クレジットカードの現金化は、現段階では法律の整備がされていないことから違法ではありませんが、グレーゾーンにあると考えることもできます。
それは、一般的なクレジットカード現金化は、利用者から買取した商品の代金として現金を支払うとか、商品購入により現金を還元するキャッシュバックといった方法が行われています。
つまり、物とお金・サービスとお金による売買という商取引が成立していると言えるけど、実質的には貸金業者と言われても仕方のない部分もあるのです。

またクレジットカード現金化は、明確に記載されていませんがクレジットカード会社の利用規約に違反する行為になります。
それから消費者庁では、多くの消費者に対してクレジットカード現金化は、返済能力を超える債務を増大させる可能性が高いと訴えています。
またクレジットカード会員規約に違反する行為であると周知して、クレジットカード現金化の注意を促すキャンペーンの実施しているのです。
こうしたことから違法で逮捕されることはなくても、グレーゾーンにあると考える必要もあると言えます。

ただし利用者ではありませんが、クレジットカードの現金化業者が摘発・逮捕されたというケースはいくつかあるのです。
逮捕の理由は現金化の仕組み自体が問題になったのではなくて、出資法違反や詐欺行為といった違法な取引をしていたためです。
つまり、逮捕されるのはクレジットカード現金化業者の中でも、完全に違法な取引を行っている悪徳業者で、利用者が逮捕されたケースは今までに1度もありません。

しかし、クレジットカードを現金化を目的に利用したことに対する詐欺罪や、支払いが済む前に購入した商品を転売したことに対する横領罪で、利用者が罰せられる可能性もあるのです。
ただ詐欺罪を立証することや横領罪で逮捕することは現実的に難しいため、今まで逮捕されていないだけとも考えられます。
でもクレジットカード会社から疑問視された場合には、カードの利用停止など様々なペナルティーが実施される可能性はあるので注意が必要です。