クレジットカード現金化で知っておきたい法律に関係する注意点

HOME » 知っておきたい法律 » クレジットカード現金化で知っておきたい法律に関係する注意点

クレジットカード現金化で知っておきたい法律に関係する注意点

クレジットカードの現金化は明確な文章ではありませんが、クレジットカード会社の利用規約で禁止されている行為です。
このように禁止行為に該当するのにクレジットカードで現金化することは、仮にカード会社に被害がなくても詐欺罪に該当する可能性があります。

また、クレジットカードで購入した商品については、カード会社の規約により利用者の支払いが完了するまでは、カード会社の所有物となっているのです。
その為、クレジットカトーで購入した商品を第三者に転売したり、クレジットカードの現金化業者に買取りをしてもらったりすることは、カード会社の所有物を勝手に転売したことになります。
これは、仮にカード会社に被害がなくても詐欺罪と同様に横領罪に該当する可能性があるのです。
このようにクレジットカードの現金化は違法な行為になる可能性があることは、利用する際の注意点のひとつと言えます

クレジットカードの現金化を利用する方は、様々な理由からキャッシングサービスを利用できないケースが少なくありません。
その為、多重債務になってしまう可能性が高くて、場合によっては自己破産を含めて破産手続をすることも考えられます。
しかし、クレジットカードの現金化を利用した場合は、破産手続と同時またはその後に実施される免責手続で、免責不許可事由のひとつになることがあるのです。
その為、クレジットカードの現金化を利用した場合には、自己破産して免責の許可を受けたとしても、カード会社に対してはお金を払い続けなければなりません。
このように、破産したとしても債務が免除されないということも、注意点として認識しておく必要があるのです。

先に触れたように、クレジットカードの現金化は詐欺罪・横領罪などに該当する可能性がある行為なので、債務の免除など法的に救済されることがありません。
また、利用する前なら行政・警察・弁護士などで相談を受けてくれますが、クレジットカードの現金化を利用した後は相談を受けづらくなるのです。
その為、法律による救済を受けることも極めて難しく、誰も助けてくれない状況になることも注意点として知っておきましょう。