クレジットカード現金化に違法性はあるのか?

HOME » 知っておきたい法律 » クレジットカード現金化に違法性はあるのか?

クレジットカード現金化に違法性はあるのか?

クレジットカード現金化を利用する際に気になる点のひとつとして、クレジットカード現金化という行為に違法性があるのか、ないのかという点です。
現段階での回答としては、クレジットカード現金化に違法性はないのですが、それはまだ法整備が整っていないからでグレーゾーンであることは否定できません。
実は、貸金業法・出資法違反といった違法行為をしたとして、業者が逮捕された事例もあるのです。

このようにクレジットカード現金化に関係する法律を逸脱しているか否かの判定により、クレジットカード現金化に違法性があるのかが判断されます。
しかし、先にも触れましたが法律が整備されていないために、この判定の明確な基準がないために抜け穴となって、違法性はないけどグレーゾーンと言われているのです。

現段階では、クレジットカード現金化の利用者が違法行為をしたとして逮捕された事例はひとつもありません。
またクレジットカード現金化業者は、景品表示法を厳守している、古物商許可証を公安委員会から得ているという表記をしています。
そのような表示をすることで、クレジットカード現金化があたかも社会的に認められているサービスであって、一切違法性のない行為というのを強調しているのです。
しかし、それはあくまで景品表示法自体には触れていないということで、古物商許可証も買い取りをするために許可証が必要だから公安委員会から許可が出ているだけのことです。
つまり、公安委員会からクレジットカード現金化それ自体を認められているということではありませんし、社会的に認められているサービスと考えられることではありません。

クレジットカード現金化は、現段階では法律に触れていないために違法性はありませんが、現金化の行為自体はカード発行元の会社との規約に違反していることには変わりないのです。
つまり、クレジットカード会社から見ると利用者が違法行為を行っていると言えるので、利用規約については違法性があるということを理解しておく必要はあります。