クレジットカード現金化はグレーゾーンな取引?

HOME » 知っておきたい法律 » クレジットカード現金化はグレーゾーンな取引?

クレジットカード現金化はグレーゾーンな取引?

クレジットカード現金化の利用を検討する際に、違法なことなのか合法なのかを気にする方も少なくありません。
結論から言うと、クレジットカード現金化は法律に違反している行為ではありませんが、グレーゾーンな取引であると言えるのです。
それは、現在まで利用者側が検挙された事例は一切ありませんが、クレジットカード現金化業者が逮捕されたことが過去にあるからで、一歩間違えると違法になる可能性もあると考えられます。

ただ、このように業者が逮捕されたのは、あくまでもお金を貸す側が守るべき法律に違反していたためで、現金化という行為自体が違法ということではありません。
それなら、仮に何らかの罪で取り締まりを実施されたとしても、利用者が検挙されることはない安全な取引ができると考えられます。
しかし、これはあくまで現段階での話で、クレジットカード現金化に関係する法律が整備されてきた時には、違法に該当する要因は現段階でもいくつかあるのです。

このような点からクレジットカード現金化は、現段階では違法ではないけど今後は違法になる可能性を含むグレーゾーンな取引と考えられます。
ですから、クレジットカード現金化を利用する際には、そのことを肝に銘じておくことも必要なことです。

また、現段階で法律面は大丈夫であっても、クレジットカード会社が定める利用規約には違反してしまう場合があるので注意する必要はあります。
ただ、この点もグレーゾーンなことで、現金化はダメとは利用規約に記載はされていないのです。
しかし実際の文面はカード会社で異なりますが、換金を目的としたカード利用を禁止するといった現金化に関する極めて重要な一文が明記されているのです。
しかも、この一文は国内のクレジットカード会社のすべての規約に記載されていることで、想像通りこれはクレジットカード現金化の取引を禁止していることになります。
ですから、この規約に該当するクレジットカード現金化が発覚した場合には、カード利用の停止や一括返済、強制退会などの処分を受ける可能性があるのです。