クレジットカード現金化は摘発される取引行為なのか?

HOME » 知っておきたい法律 » クレジットカード現金化は摘発される取引行為なのか?

クレジットカード現金化は摘発される取引行為なのか?

クレジットカード現金化は法律に触れる取引行為なのかと心配される方も少なくありませんが、クレジットカード現金化自体は現段階で違法な行為ではありません。
このように違法性のない取引であるのに、過去には摘発された業者が存在していることも事実で、そうした報道があったことから不安を感じる方もいるのです。
しかし、実際に摘発された理由はクレジットカード現金化という行為ではありませんし、摘発されたのは利用者ではなくて業者なので、クレジットカード現金化で逮捕される心配は全くありません。

では、どのような理由で業者が摘発されたのかというと、全く市場価値がないおもちゃのアクセサリーやCD-ROMなどを、利用者に購入させてそれを高値で現金買取したという出資法違反によるものです。
このような内容ならクレジットカード現金化業者が実施しているキャッシュバック式と同じではと考えられますが、優良業者はきちんと市場価値のあるものを取引商品としています。
摘発された業者は商品売買を装った偽装取引を行っていて、しかも実際には貸金業に近い事業を無許可で行っていたことが問題となったのです。
このように、クレジットカード現金化の取引自体が理由ではなくて、業者が通常の商取引を逸脱して事実上の金融取引をしていたことが問題と警察が判断したため摘発されました。

この摘発事例からも分かることですが、現時点ではクレジットカード現金化は危険、キャッシュバック式は違法行為とは断定できないのです。
つまり摘発されたのはクレジットカード現金化というシステムに欠陥があったのではなくて、あくまでも業者が商取引を装うといった悪質な行為をしたことに過ぎません。
これは買取式にも同じことがいえることで、然るべき正しい手続きをしていないような業者であれば、このような判例が適用される可能性は十分にあり得るわけです。
ちなみに、利用者が摘発されたり逮捕されることはありませんが、このような悪質な業者も存在していることを理解して、利用に際しては注意することが大事と言えます。